腸内フローラを整えるだけで痩せ気質になれる!?

腸内フローラにおいて悪玉菌の比率が高くなってしまうと、肥満を防止する善玉菌の働きが弱くなって太りやすい体になってしまいます。代表的な悪玉菌には大腸菌やブドウ球菌、ウォルシュ菌などがあり、増殖すると腸内の腐敗を促進させて毒素を排出し、便秘や下痢を引き起こすこともあります。
悪玉菌はタンパク質や脂質が活動エネルギーになっているため、肉類中心のメニューや脂肪分の多いこってりした料理ばかり食べていると悪玉菌を増やす原因になり、ますます痩せにくい気質になってしまうという悪循環に陥ります。
さらに、便秘がちになって腸内フローラの活動が偏ってくるとエネルギー代謝が鈍くなるので、老廃物や脂肪をため込みやすい気質になってしまいます。

腸内フローラを整えて痩せやすい体作りをするためには、悪玉菌のエサを減らして善玉菌のエネルギー源をたくさん摂取します。乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維の含まれた食べ物を選び、肉や油の代わりに野菜中心のメニューに変更しましょう。
ただし食材が偏っていたり大量に食べ過ぎてしまうと、消化しきれない分が悪玉菌のエサになってしまうため、効果が薄れてしまいます。食事の時には適度な量をよく噛んで食べるようにして、消化しにくい食品は量を控えるようにします。
栄養バランスのとれた食事をしていると、腸内フローラの状態が改善してきて代謝が活性化してきます。エネルギー変換がスムーズになってくると、脂肪燃焼効果も高まるので、太りにくく痩せやすい体に近づきます。

腸内フローラが整うとダイエットに成功する?

私達の腸内には様々な菌が棲んでいますが、その中には善玉菌と悪玉菌があることが知られています。「腸内フローラ」とは、腸の中に棲息する腸内菌の生態系を指す言葉になっています。
腸内菌の種類は100種類以上に及んでおり、数でいうと約100兆個にもなると言われています。こうした腸内菌が分泌する物質が、人間の健康が整うことに深く関わっていることが、明らかになりつつあります。今後、さらに研究が進んでいけば、腸内フローラの役割の発見が画期的な医療の発達に繋がるとされています。
例えば、ガンや導尿病の治療や予防手段として期待されており、更に美容医療の分野にも応用が出来ると考えられています。そして、最近では、ダイエット効果にも注目が集まっています。

私達の腸内では、善玉菌と悪玉菌が絶えず生存競争を繰り広げています。それ故、健康な体が整うためには、善玉菌を優勢にする必要があるわけです。その為に大切なこととして、肉食中心の食生活を改めることが挙げられます。
特にジャンクフードと呼ばれる食べ物は、食生活のバランスを崩すもとになるので注意が必要です。善玉菌を増やすには、ビタミンやミネラル、そして食物繊維を多く摂ることが有効だとされています。
また、過度のストレスや睡眠不足は腸内バランスを崩すことにつながるので、普通の健康的な生活を心がけることが肝心だと言えます。また、善玉菌を増やすには、発酵食品の摂取が有効だとされており、ダイエット効果も期待されています。
腸内フローラとダイエット

健康な人は腸内フローラに気を使っている?

人の腸の中には、善玉菌、悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌という3種類の菌が存在しています。
顕微鏡を使って、腸の中にあるこれらの菌を除くと、まるで花畑のような光景になる為、これらの菌の状態を腸内フローラと呼んでいます。
これらの菌のバランスで、理想的なのは善玉菌が2割、悪玉菌が1割、そして日和見菌が7割という状態です。
この状態に近いバランスを保つ事が出来ていれば、腸は良い状態を維持できている事になります。
ですが、食生活や加齢、日常のストレス等によって、このバランスは崩れやすい状態になってしまいます。
このバランスが崩れると、お腹を壊しやすくなるだけでなく、肌荒れが起きやすくなる等、体に様々な影響が出てきます。

健康を意識する人の中には、腸内フローラの状態に気を使っている人も多くいます。
実際に、菌を良い状態に維持したいと考えたら、有効な方法のひとつが、善玉菌のひとつ、乳酸菌を積極的に摂取するように心がけておく事です。
それにより、善玉菌がしっかりとある状態を維持しやすくなります。
更に、バランスが崩れないようにする為には、日常のストレスを減らす等、日常生活の見直しもしておく事が重要になってきます。
それにより、腸の中の菌のバランスが崩れにくい状態を作っていく事が出来ます。
良い腸内フローラを維持したいと考えるのであれば、食生活や日常生活の見直しから始めていく事で、健康な状態を維持しやすくなります。

腸内フローラをよくする3つのルール

腸内フローラは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが一定であればよい状態に保てるようになります。
善玉菌を増やすためには、水溶性食物繊維を多く摂取するのが3つのルールのまず1つです。
食物繊維は、水に溶けない性質の不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維がありますが、便秘に悩んでいる方は、食物繊維をたくさん摂取しても、水溶性食物繊維を摂取していなければ改善ができづらくなります。
腸内で水分が少ないと、不溶性食物繊維は腸に引っかかってしまうからです。
野菜を摂取しているのに便秘が改善しづらい方は、海藻類・果物・キノコ類に多く含まれている水溶性食物繊維も同時に摂るように心掛けるようにしましょう。

3つのルールの2つ目は、発酵食品です。
漬物に含まれる植物性乳酸菌は、腸でも生き残れる強い乳酸菌です。
ヨーグルトにも菌によって様々な製品があるので、自分に合うものを毎日摂取するのが望ましいと言えます。
チーズやキムチ、味噌も発酵食品ですので、意識して摂取してみましょう。
また、3つ目のルールは肉食を少なくすることです。
腸内の悪玉菌の主食となるのは、タンパク質や脂肪の多い肉類だからです。
悪玉菌はタンパク質や脂肪を摂取する作用があり、これらを分解する際に、有害物質を作ります。
このため、有害物質が増加することで、動脈硬化や高血圧を悪化させるリスクを高めてしまうことになります。
その他、肌荒れや便秘、下痢になるのも、この悪玉菌が生成する有害物質が原因とされています。
そのため、肉の食べ過ぎは発がんリスクを高めるとも言われているので注意が必要です。

腸内フローラは美と健康の要!

人間はそれぞれ腸の中に沢山の細菌がすみついています。細菌の種類も数も膨大なもので、腸内の細菌の状態も人それぞれ違います。この細菌が沢山存在する様子を花畑に例え、腸内フローラと呼ばれるようになりました。
腸内フローラは常に一定の状態ではなく、年齢や生活習慣そしてストレスによって状態は日々変化していきます。この腸内フローラをより詳しく分類すると善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けることが出来ます。善玉菌は健康な体作りには欠かせないもので、悪玉菌は有毒物質を作り出し悪さをする菌です。日和見菌は一般的には聞きなれない言葉ですが、善玉でも悪玉でもなくその時々でどちらの味方にもなる中間に位置するものです。

この3つの働きにわけられる菌が存在する腸内の状態が美と健康の状態を左右します。それぞれの菌が好ましい割合で存在することにより老化防止や理想体型の維持、様々な病気から体を守ることが可能です。
中でも腸内細菌が作り出すエクオールという物質は老化を防ぎ肌を若々しく保ってくれる効果が期待出来ます。このような良い物質を沢山作り出してもらうためにも、腸内フローラを望ましい状態に保つことが大切です。バランスのとれた食事を摂ることを心がける他にも発酵食品を摂取したり、食事だけではなく快適な運動を断続してみましょう。
また睡眠もたっぷりととって規則正しい生活を送ることによってより良い環境を作ることが可能です。

腸内フローラと美肌の関係

腸というのは、食べ物から栄養を体内に取り込むという役割を担う臓器であり、逆に言えば腸の状態が悪ければ栄養素を上手く体内に取り込む事が出来ないだけでなく、同時に毒素を体外へと排出する事も出来なくなってしまいます。そんな腸には数多くの細菌が住んでおり、腸内フローラとは、そんな細菌の集まりの事を示す言葉です。そして腸内フローラを構成する細菌は、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類に分類する事が出来ます。栄養の生成や吸収を行う腸という臓器の状態は、肌への関係性が深く、美肌を得るには善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすといった形で、腸が正常に働ける様な腸内フローラへと変化させる事が重要です。

腸内フローラで善玉菌を増やすには、善玉菌が好む食べ物を沢山食べる事が大事です。そうして善玉菌を増やしてやれば、腸内での悪玉菌の割合を減らす事が出来ます。そんな風に善玉菌を増やしてくれるのが、乳酸菌やオリゴ糖であり、食事の際にヨーグルトや漬物を摂取する事で、腸内フローラの善玉菌を増やす事が可能です。更に野菜等に豊富に含まれる食物繊維は、腸内を善玉菌が住み易い環境を整える効果を有しています。なので同時に野菜も積極的に食事で摂取する事で、善玉菌が増え易い状態にする事が可能です。その結果、腸の働きが活発化し、美肌に必要な栄養素を吸収するだけでなく、不要な毒素を積極的に排出する事が出来ます。

ヨーグルトで腸内フローラを良くする!

発酵食品も腸内フローラを改善するのに役立つのですが、特に、ヨーグルトの場合は、生きたまま腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌を含んでいるので、さらに有益だと言われています。
しかも、多数の乳酸菌が含まれている商品が出回っていることや、毎日の食事で摂りやすいことから、改善しやすいというメリットもあるからです。
腸まで届くことで、善玉菌を増やすためにより効果的に作用する特徴を持っているので、腸内フローラのバランスを保てるのに役立ちます。
いつも、身体の状態を元気に保つためには、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7というバランスが理想的ですので、そのバランスを壊さないようにするために最適な食品です。

まず、プロバイオティクスと表記された商品を選ぶようにします。
生きたまま腸まで届く特徴を持っているからです。
また、菌の種類だけではなく数がどれだけ含まれているかも注意をして選ぶようにします。
整腸作用が確認されているビフィズス菌、花粉症の症状緩和に効果が期待できるフェカリス菌、ピロリ菌の除菌効果を期待できるLG21乳酸菌など色々な商品がありますので、自分の希望に合わせた商品を探しましょう。
このように、実際に購入する際には、ヨーグルトの菌によってそれぞれの作用の違いを確認した上で、最適なものを選ぶようにすれば、身体の不調の改善や健康維持を目指すことが期待できるので、おすすめです。

腸内フローラのサイクルを良くする環境とは?

健康を考えたら、しっかりと意識しておきたいのが腸内フローラです。
これは腸内にある善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌のバランスの事で、このバランスが崩れると、お腹を壊しやすい状態になる、更には肌荒れ等、肌トラブルが起きやすい状態へと変わっていきます。
この菌の状態を意識する時、重要になってくるのは、一時的に考えるのではなく、常に考えておく事が大切になってきます。
腸内フローラにはサイクルがあり、若い人であれば3日に1回程度のペースで入れ替わる事になります。
ですから、良い状態を維持したいと考えたら、一時的ではなく、常にこのバランスを意識して、良い状態を保てるようにしておく事が重要になってきます。健康を考えたら、しっかりと意識しておきたいのが腸内フローラです。

腸内フローラのサイクルを意識する時に、しっかりと考えておきたいのが、善玉菌をしっかりと摂取する事、そしてストレスを減らす等、生活環境を見直す事です。
発酵食品等、乳酸菌が多く含まれる食事を心がける事で、善玉菌を増やす事が出来ます。
更に、悪玉菌を増やす原因になる脂肪が多い食事を避ける事も重要になってきます。
そして、腸内フローラを乱れさせる原因となる日常のストレスを減らす等、生活環境の見直しも合わせて行っていく事で、良い状態を維持しやすい状態を作れます。
サイクルまでしっかりと意識をする為には、一時的ではなく、常にこの状態を維持するようにしていく事で、常に良い腸内フローラを維持する事が出来る事になります。

腸内フローラの改善メニューとは?

ヨーグルトの中には多くの乳酸菌が含まれています。この乳酸菌は食事で摂取して腸内に到達すると善玉菌が増殖しやすい環境を作り出します。さらに悪玉菌の増殖を抑えるため腸内フローラが改善します。さらにヨーグルトの効果を高めるためにはヨーグルトの味付けにオリゴ糖を使用するといいでしょう。オリゴ糖は単糖が数個結合した状態の糖のことで、人の消化酵素では分解できない糖となっています。これが腸内に到達すると、腸内の善玉菌がこのオリゴ糖を取り込み栄養源とします。これによって腸内の善玉菌がより育ちやすい環境が出来上がるのです。ちなみにヨーグルトは食後のデザートとして摂取することをおすすめします。食後は胃の酸性が弱まり、腸により多くの乳酸菌が到達します。

さらにヨーグルト以外の発酵食品も摂取しましょう

ヨーグルト以外の発酵食品も腸内フローラを良くする効果があります。チーズもヨーグルトと同様に乳酸菌を多く含んでいます。みそやしょうゆには酵母菌が含まれ、納豆には納豆菌が含まれます。いずれも乳酸菌と同様の効果が得られます。さまざまな種類の菌を摂取することで整腸効果がより増強する可能性があります。よって味噌汁、納豆ご飯といった和食は腸内フローラを良くするのにはとても理にかなった食事と言えるのです。こういったメニューは朝食のイメージが強いかもしれませんが夕食メニューに取り入れるとより効果的です。夜間寝ている間には腸などの消化管運動が活発になります。これによって摂取した菌が腸内で拡散しやすくなるのです。