ヨーグルトで腸内フローラを良くする!

発酵食品も腸内フローラを改善するのに役立つのですが、特に、ヨーグルトの場合は、生きたまま腸まで届く乳酸菌やビフィズス菌を含んでいるので、さらに有益だと言われています。
しかも、多数の乳酸菌が含まれている商品が出回っていることや、毎日の食事で摂りやすいことから、改善しやすいというメリットもあるからです。
腸まで届くことで、善玉菌を増やすためにより効果的に作用する特徴を持っているので、腸内フローラのバランスを保てるのに役立ちます。
いつも、身体の状態を元気に保つためには、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7というバランスが理想的ですので、そのバランスを壊さないようにするために最適な食品です。

まず、プロバイオティクスと表記された商品を選ぶようにします。
生きたまま腸まで届く特徴を持っているからです。
また、菌の種類だけではなく数がどれだけ含まれているかも注意をして選ぶようにします。
整腸作用が確認されているビフィズス菌、花粉症の症状緩和に効果が期待できるフェカリス菌、ピロリ菌の除菌効果を期待できるLG21乳酸菌など色々な商品がありますので、自分の希望に合わせた商品を探しましょう。
このように、実際に購入する際には、ヨーグルトの菌によってそれぞれの作用の違いを確認した上で、最適なものを選ぶようにすれば、身体の不調の改善や健康維持を目指すことが期待できるので、おすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *