健康な人は腸内フローラに気を使っている?

人の腸の中には、善玉菌、悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌という3種類の菌が存在しています。
顕微鏡を使って、腸の中にあるこれらの菌を除くと、まるで花畑のような光景になる為、これらの菌の状態を腸内フローラと呼んでいます。
これらの菌のバランスで、理想的なのは善玉菌が2割、悪玉菌が1割、そして日和見菌が7割という状態です。
この状態に近いバランスを保つ事が出来ていれば、腸は良い状態を維持できている事になります。
ですが、食生活や加齢、日常のストレス等によって、このバランスは崩れやすい状態になってしまいます。
このバランスが崩れると、お腹を壊しやすくなるだけでなく、肌荒れが起きやすくなる等、体に様々な影響が出てきます。

健康を意識する人の中には、腸内フローラの状態に気を使っている人も多くいます。
実際に、菌を良い状態に維持したいと考えたら、有効な方法のひとつが、善玉菌のひとつ、乳酸菌を積極的に摂取するように心がけておく事です。
それにより、善玉菌がしっかりとある状態を維持しやすくなります。
更に、バランスが崩れないようにする為には、日常のストレスを減らす等、日常生活の見直しもしておく事が重要になってきます。
それにより、腸の中の菌のバランスが崩れにくい状態を作っていく事が出来ます。
良い腸内フローラを維持したいと考えるのであれば、食生活や日常生活の見直しから始めていく事で、健康な状態を維持しやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *