腸内フローラと美肌の関係

腸というのは、食べ物から栄養を体内に取り込むという役割を担う臓器であり、逆に言えば腸の状態が悪ければ栄養素を上手く体内に取り込む事が出来ないだけでなく、同時に毒素を体外へと排出する事も出来なくなってしまいます。そんな腸には数多くの細菌が住んでおり、腸内フローラとは、そんな細菌の集まりの事を示す言葉です。そして腸内フローラを構成する細菌は、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三種類に分類する事が出来ます。栄養の生成や吸収を行う腸という臓器の状態は、肌への関係性が深く、美肌を得るには善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすといった形で、腸が正常に働ける様な腸内フローラへと変化させる事が重要です。

腸内フローラで善玉菌を増やすには、善玉菌が好む食べ物を沢山食べる事が大事です。そうして善玉菌を増やしてやれば、腸内での悪玉菌の割合を減らす事が出来ます。そんな風に善玉菌を増やしてくれるのが、乳酸菌やオリゴ糖であり、食事の際にヨーグルトや漬物を摂取する事で、腸内フローラの善玉菌を増やす事が可能です。更に野菜等に豊富に含まれる食物繊維は、腸内を善玉菌が住み易い環境を整える効果を有しています。なので同時に野菜も積極的に食事で摂取する事で、善玉菌が増え易い状態にする事が可能です。その結果、腸の働きが活発化し、美肌に必要な栄養素を吸収するだけでなく、不要な毒素を積極的に排出する事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *