腸内フローラの改善メニューとは?

ヨーグルトの中には多くの乳酸菌が含まれています。この乳酸菌は食事で摂取して腸内に到達すると善玉菌が増殖しやすい環境を作り出します。さらに悪玉菌の増殖を抑えるため腸内フローラが改善します。さらにヨーグルトの効果を高めるためにはヨーグルトの味付けにオリゴ糖を使用するといいでしょう。オリゴ糖は単糖が数個結合した状態の糖のことで、人の消化酵素では分解できない糖となっています。これが腸内に到達すると、腸内の善玉菌がこのオリゴ糖を取り込み栄養源とします。これによって腸内の善玉菌がより育ちやすい環境が出来上がるのです。ちなみにヨーグルトは食後のデザートとして摂取することをおすすめします。食後は胃の酸性が弱まり、腸により多くの乳酸菌が到達します。

さらにヨーグルト以外の発酵食品も摂取しましょう

ヨーグルト以外の発酵食品も腸内フローラを良くする効果があります。チーズもヨーグルトと同様に乳酸菌を多く含んでいます。みそやしょうゆには酵母菌が含まれ、納豆には納豆菌が含まれます。いずれも乳酸菌と同様の効果が得られます。さまざまな種類の菌を摂取することで整腸効果がより増強する可能性があります。よって味噌汁、納豆ご飯といった和食は腸内フローラを良くするのにはとても理にかなった食事と言えるのです。こういったメニューは朝食のイメージが強いかもしれませんが夕食メニューに取り入れるとより効果的です。夜間寝ている間には腸などの消化管運動が活発になります。これによって摂取した菌が腸内で拡散しやすくなるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *