腸内フローラは美と健康の要!

人間はそれぞれ腸の中に沢山の細菌がすみついています。細菌の種類も数も膨大なもので、腸内の細菌の状態も人それぞれ違います。この細菌が沢山存在する様子を花畑に例え、腸内フローラと呼ばれるようになりました。
腸内フローラは常に一定の状態ではなく、年齢や生活習慣そしてストレスによって状態は日々変化していきます。この腸内フローラをより詳しく分類すると善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けることが出来ます。善玉菌は健康な体作りには欠かせないもので、悪玉菌は有毒物質を作り出し悪さをする菌です。日和見菌は一般的には聞きなれない言葉ですが、善玉でも悪玉でもなくその時々でどちらの味方にもなる中間に位置するものです。

この3つの働きにわけられる菌が存在する腸内の状態が美と健康の状態を左右します。それぞれの菌が好ましい割合で存在することにより老化防止や理想体型の維持、様々な病気から体を守ることが可能です。
中でも腸内細菌が作り出すエクオールという物質は老化を防ぎ肌を若々しく保ってくれる効果が期待出来ます。このような良い物質を沢山作り出してもらうためにも、腸内フローラを望ましい状態に保つことが大切です。バランスのとれた食事を摂ることを心がける他にも発酵食品を摂取したり、食事だけではなく快適な運動を断続してみましょう。
また睡眠もたっぷりととって規則正しい生活を送ることによってより良い環境を作ることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *