腸内フローラをよくする3つのルール

腸内フローラは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが一定であればよい状態に保てるようになります。
善玉菌を増やすためには、水溶性食物繊維を多く摂取するのが3つのルールのまず1つです。
食物繊維は、水に溶けない性質の不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維がありますが、便秘に悩んでいる方は、食物繊維をたくさん摂取しても、水溶性食物繊維を摂取していなければ改善ができづらくなります。
腸内で水分が少ないと、不溶性食物繊維は腸に引っかかってしまうからです。
野菜を摂取しているのに便秘が改善しづらい方は、海藻類・果物・キノコ類に多く含まれている水溶性食物繊維も同時に摂るように心掛けるようにしましょう。

3つのルールの2つ目は、発酵食品です。
漬物に含まれる植物性乳酸菌は、腸でも生き残れる強い乳酸菌です。
ヨーグルトにも菌によって様々な製品があるので、自分に合うものを毎日摂取するのが望ましいと言えます。
チーズやキムチ、味噌も発酵食品ですので、意識して摂取してみましょう。
また、3つ目のルールは肉食を少なくすることです。
腸内の悪玉菌の主食となるのは、タンパク質や脂肪の多い肉類だからです。
悪玉菌はタンパク質や脂肪を摂取する作用があり、これらを分解する際に、有害物質を作ります。
このため、有害物質が増加することで、動脈硬化や高血圧を悪化させるリスクを高めてしまうことになります。
その他、肌荒れや便秘、下痢になるのも、この悪玉菌が生成する有害物質が原因とされています。
そのため、肉の食べ過ぎは発がんリスクを高めるとも言われているので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *